私が子供のころ、事業を営んでいる両親のところに、よく保険の外交員のおばさんが来て話をしていました。

外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?
外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?

34歳 女性の話「私が子供のころ」

私が子供のころ、事業を営んでいる両親のところに、よく保険の外交員のおばさんが来て話をしていました。
保険の話をしているのではなく、日常会話をしているだけのようで、いったい何をしに来ているのだろうとよく分からなかったのですが、今思うとそうやって顧客とのつながりを作っていたのだと思います。
日本の保険会社では、長らくそういった外交員が親族や知り合いに保険加入を勧めてきました。
実際、私が結婚前に母が知り合いの外交員から勧められて入っていた保険ですが、見直ししたところ不要な補償をたくさんつけていて、見直してくれた人に「ひどいね」と憤慨されたような内容でした。

そういった点から、私は日本の保険会社に対する不信感があります。

しかし、外資系の場合はそういう外交員をあまりおかず、テレビやHPなどで顧客とダイレクトでつながり保険料を抑える、自分でプランニングできるというメリットのある方法を採用しています。だから、私が保険に加入するなら、迷わず外資系にします。