保険に加入しようと思った時、保険会社の数がとても多いことに驚かされます。

外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?
外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?

39歳 男性の話「保険に加入しようと思った時」

保険に加入しようと思った時、保険会社の数がとても多いことに驚かされます。外資系の保険会社が数多く参入してきているので、一層その数は増加しているといえます。
外資系の保険会社は、どちらかというと保障内容よりも、安い保険料を魅力とする傾向にあります。どうしても加入を検討する際、真っ先に目にするのは保険料ですから、とても効果的な手法だといえます。
ただ、外資系の保険会社の多くは、その保険料の安さからも分かるように経費を切り詰めています。経費のかなりの部分は人件費ですから、加入やその後の対応は、ネットや電話を中心になりがちです。
果たして、人生でとても大切な保険に、身近な相談の手段が少ないのはどうかと思う時があります。
日本の保険会社は、中には保険の外交員を抱えすぎていて、割高になりがちのところもあります。
しかし、手厚い説明を受けられ、ライフステージに応じて見直しの相談に乗ってくれやすいというメリットもあり、とても柔軟で、いざという時の補償を最適のものにしておくことができます。