もう何年も前に、生命保険会社に勤める知人のアドバイスで、初めて生命保険に加入しました。

外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?
外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?

33歳 女性の話「もう何年も前に」

もう何年も前に、生命保険会社に勤める知人のアドバイスで、初めて生命保険に加入しました。
そして、年月が経ち、結婚を機に生命保険を見直す事にしました。

その際に一番迷ったのが、まず日本の保険会社と外資系の保険会社のどちらにするかという事です。
以前加入した生命保険は、知人に言われるまま加入し、毎月支払いをしていたので、具体的な内容をあまりよく知らないままでした。

そこで自分なりに調べていくと、私が加入していた生命保険は、様々な保証がパッケージ化されたものでした。
保証の種類は多いものの、掛け金も高く、よく考えると私にはあまり必要度が高くないと思われるものも含まれていて、知らずに加入していた事を少し後悔しました。
日本の保険会社では、このように最初からパッケージ化されたものが多いのに対し、外資系の保険会社は、自分に合った保証をオーダーメイイドで組み合わせていくものが多いように思います。この方法だと、無駄な保証による掛け金の増加もなく、何よりシンプルなため、自分がどのような保険に入っているのかしっかりと把握できる点が良いと思いました。

私は、最終的には外資系の保険会社を選び今でも加入していますが、掛け金の安さや商品のシンプルさ、分かりやすさに満足しています。