保険に入るとしたら、やはり保険料が安い方が嬉しいので、外資系の保険会社を選ぶと思います。

外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?
外資系と日本の保険会社どちらを選ぶ?

34歳 女性の話「保険に入るとしたら」

保険に入るとしたら、やはり保険料が安い方が嬉しいので、外資系の保険会社を選ぶと思います。
外資系の保険会社は、基本的に保険外交員は居なくて、雇用しているスタッフの数も必要最低限なので、日本の会社と比較すると、かなり人員も少ないそうです。
その分、人件費も大幅に削減できているので、保険料が安いのです。

確かに、保険料で比べてみると、外資系の保険会社の方が、幾分かは安くなっています。外交員が居なくて大丈夫かと思いましたが、ちゃんとコールセンターもあって、24時間体制でいつでも電話で質問や相談ができるから、その点も問題ないようです。
保険に加入する際の告知義務のことで判らない部分があって電話したら、夜間でしたがすぐ電話も繋がり、分かり易く丁寧に答えてくれたので、外資系だけどすごく信頼できる会社だと思いました。

また、万が一、先々で保険会社が破綻したり撤退したりしても、契約者は保護され保険契約は継続されるとのことなので、別に外資系だからと言うデメリットも無さそうです。
そのため、私は保険料が魅力的だった、外資系の保険会社の商品を選ぶことにしました。